ホーム > 家づくりのこだわり > アフターメンテナンス・保証 > 保証

家づくりのこだわり|中尾ハウジングの家づくりのこだわりをご紹介いたします

保証

家の保証について

安心!安心!

中尾ハウジングでは、お客様に安心して暮らしていただけるよう、引渡し日(保証開始日)より、下記の保証内容に従い保証を行います。
万一、保証期間内に不具合が発見された場合には、当社の責任で速やかに補修等を行います。



長期保証 10年

住宅品質確保促進法施行令で定められている「構造耐力上主要な部分と雨水の浸入を防止する部分」の瑕疵担保責任に関する保証のことをいいます。

保証対象部分 保証内容
構造耐力上主要な部分

●基礎の著しい沈下

■JHS10年保証(20年保証)

●柱や梁のひび割れ・欠損

■中尾ハウジング
  保証書(表面)
 保証書(表面)
■中尾ハウジング
  保証書(裏面)
 保証書(裏面)
■構造用木材保証書

 構造用木材保証書

クリックで拡大します。

●床の傾斜・たわみ・破損

※木造は年月の経過や季節により収縮が生じるもので、住宅の品質又は性能を損なうものではありません。
※破損に対しては施工段階にて交換しています。
雨水の浸入を
防止する部分

●外壁や屋根からの雨漏り

■外壁・パワーボード
■外壁・パワーボードの塗装
■屋根

屋根

クリックで拡大します。

●バルコニーからの雨漏り


防水層の亀裂等が原因となって、室内に到る雨漏れ事故が発生した場合(アルミ製の後付けバルコニーは短期保証に該当)

短期保証(~2年)

設備や仕上げなどについての保証をいいます。保証期間は部分によって異なりますが、最長2年となっています。
(但し、補修が著しく困難な場合又は発見された事象の程度に比べて、過分の費用を要する時は、住宅所有者は保証者に対して補修を求める事は出来ません。)

保証対象部分 保証機関 短期保証基準
土工事 盛土・埋戻し及び整地を行った部分 2年 盛土・埋戻し及び整地を行った部分は、沈下・陥没・隆起、敷地の排水不良等の事象が生じ、使用上の不都合をきたしてはならない。
なお、これらの部分に多少の沈下等が生じるのは避けられず、住宅の品質又は性能を損なうものではありません。                   
コンクリート
工事
アプローチ・ポーチ・玄関土間・犬走り・テラス等主要構造部以外のコンクリート部分 1年 アプローチ・ポーチ・玄関土間・犬走り・テラス等のコンクリート部分は、著しい沈下・ひび割れ・不陸・隆起・主要構造部とのはだわかれ等の事象が生じてはならない。
なお、これらの部分に多少の沈下等が生じるのは避けられず、住宅の品質又は性能を損なうものではありません。
木工事 床・壁・天井・屋根・階段等の木造部分 2年 木造部分は木材の変形・変質により著しいそり・隙間・割れ・きしみ等の事象が生じてはならない。
なお、木材は年月の経過により収縮するものであり、縁甲板・巾木等に多少の隙間が出来るのはやむをえないことであり、住宅の品質又は性能を損なうものではありません。
ボード・表装
工事
床・壁・天井等の ボード、表装工事(クロス・CF)による部分 1年 ボード・表装工事部分は、仕上材の剥離・変形・変質又は著しい浮き・隙間・しみ等の事象が生じ、その機能及び美観を損なってはならない。
なお、木材は年月の経過により収縮するものであり、クロス等に多少の隙間が出来るのはやむをえないことであり、住宅の品質又は性能を損なうものではありません。
建具・ガラス
工事
外部(サッシ)及び内部建具 2年 建具又は建具枠は、変形・腐食等の事象が生じ、開閉不良・がたつき等による機能低下をきたしてはならない。
左官・タイル 工事 壁・床・天井等の 左官工事部分 1年 モルタル・珪藻土等の仕上部分及びタイル仕上げの目地部分は、剥離・変退色・著しいひび割れ等の事象が生じてはならない。
なお、これらの部分に軽微なひび割れや日照による色あせやコケが生じるのは通常避けられず、住宅の品質又は性能を損なうものではありません。
組積工事 コンクリートブロック・レンガ等の組積による内・外壁 2年 組積工事の目地部分は、亀裂・破損・仕上材の剥離等の事象が生じ、その機能及び美観を損なってはならない。
なお、これらの部分に軽微なひび割れ・組積表面の軽微な段差・凹凸は通常生ずるものであり、住宅の品質又は性能を損なうものではありません。
塗装工事 塗装仕上面(工場塗装を含む) 2年 塗装仕上面は、白樺・はがれ・亀裂等の事象が生じ、耐久性を損なってはならない。
なお、年数の経過や日照による色あせ・コケ・汚れ・水アカ及びその他外壁のパネル間の目地シーリングの硬化による軽微なひび割れ等が生じるのは通常避けられず、住宅の品質又は性能を損なうものではありません。
断熱・防露
工事
壁・床・天井裏等の断熱、防露工事を行った部分 2年 壁面・押入れ・床下等は、水蒸気の発生しない暖房機器の通常の使用により、結露水のしたたりや結露によるかびの発生等の事象が生じてはならない。
錺金物工事 とい 2年 といは、脱落・破損・たれ下り・著しい腐食等の事象が生じ、その機能を損なってはならない。
水切、雨押えの金属板 2年 水切り・雨押えの金属板は、継手のはがれ・浮き・著しい腐食等の事象が生じ、耐久性を損なってはならない。
電気工事 配管・配線 1年 配管・配線は、接続・支持不良・腐食・破損等が生じてはならない。
コンセント・スイッチ 1年 コンセントやスイッチは、取付不調・作動不良等が生じてはならない。
給水・給湯
温水暖房工事
配管 1年 配管は接続・支持不良・電食・腐食・折損等の事象が生じてはならない。
配管は、結露により他の部材を著しく劣化させてはならない。
蛇口・水栓・トラップ 1年~2年 蛇口・水栓・トラップは、取付不調・作動不良等が生じてはならない。(メーカー保証があるものはそれによる為、取扱い説明書・保証書等を参照)
衛生器具・給湯器・キッチン 1年~2年 キッチン・衛生器具・給湯器は、取付不調・水漏れ・排水不良・破損・作動不良等が生じてはならない。(メーカー保証があるものはそれによる為、取扱い説明書・保証書等を参照)
排水工事 配管 1年 配管は、勾配・接続・固定不良等による排水不良又は地盤沈下により、折損・漏水の事象が生じてはならない。
配管は、結露により他の部材を著しく劣化させてはならない。
汚水工事
(浄化槽)
汚水処理層
(浄化槽)
1年 汚水処理槽は、槽のひび割れ・腐食による漏水又は不同沈下により機能不全の事象が生じてはならない。
ガス工事 配管 2年 配管は、接続・支持不良・腐食破損等が生じてはならない。
ガス栓 1年 ガス栓は、取付不調・破損・作動不良等が生じてはならない。
雑工事 小屋裏・軒裏及び 床下の換気孔 2年 換気孔は、脱落、つまり著しい腐食等の事象が生じ、雨・雪・鳥・ねずみ等の侵入及び換気性能の低下をきたしてはならない。
外構工事 植栽 1年 高木・中低木、芝生等のグランドカバーは、倒木・枯損・害虫による食害が発生してはならない。
なお、管理不足(水切れ・過肥)や移植に原因がある場合は保証の対象にならない。
エクステリア 2年 カーポート・アルミ製バルコニー・門扉・玄関ポール等は、取り付け不良・作動不良などがあってはならない(メーカー保証があるものはそれによる為、取扱い説明書・保証書等を参照)

その他の保証

シロアリ防除・
薬剤処理工事
地面から1mの箇所に
薬剤処理を行なった部分
5年 基礎・軸組等の防蟻処理を行った部分はシロアリの食害により、損傷を生じてはならない。
なお、シロアリ以外の害虫(ヒラタキクイムシ等)に関しては、 予防が困難な為特別な防虫処理は行っていませんので、 保証の対象外となります。
*満期時には専門業者よりご連絡させて頂きます。

お客様へ引き渡し後のメンテナンスについて

  • ●中尾ハウジングではカスタマーズサービス部を設けております。
    緊急時や何かお困りの際にご連絡頂ければ、担当者が迅速に対応させて頂きます。
  • ●その他、リフォーム工事等も対応させていただきます。

保証免責事項(具体例)

次のように瑕疵が原因とは考えられないものは保証対象とはなりません。(有償工事となります)


  • ●長期間にわたり居住せず、あるいは不在となり、その間通常の手入れなどがなされていないような場合
  • ●過度な冷暖房による乾燥などが原因となって反りなどが生じた場合
  • ●窓ガラスに冬場に生ずる結露や断熱性の問題から北側の内壁面に生ずる結露
  • ●給湯器・電気温水器が冬期に凍結した事による配管の破裂
  • ●近隣の土木工事・建築工事または重量車輌の通行等による場合
  • ●中尾ハウジング以外の業者による工事が原因となり不備が生じた場合
  • ●通風・日当たり(日照不足)・清掃の不足により畳にカビが発生した場合
  • ●シロアリ以外の害虫や鳥類・野生動物等による被害
  • ●ピアノ・本棚等重量物の不適切な配置・使用による場合
  • ●付帯設備(キッチン・衛生器具・ユニットバス・エアコン・給湯器等)の製造メーカーからの取扱い説明書等に記載された正しい方法でご使用がなされていない場合に発生した故障や破損
  • ●建物本体以外(ウッドデッキ・枕木等)の防蟻処理を行っていない箇所に発生したシロアリの被害及び腐食
  • ●地下水の浸入(住宅品質確保促進法で定められているのは雨水の浸入)
  • ●当社の仕様または構造に影響を及ぼす増改築や変更が加えられ、これが原因と認められる破壊や事故
  • ●お引渡し後、故意過失及び日常的手入れを怠ったりして発生した破壊、損害
  • ●天災、その他不可抗力に起因する破壊、損害